2013年06月27日

クジラの話をしよう。

捕鯨の訴訟を豪州が起こすっていうんで、日本のメディアがどういう報道してるか知らんが、ネトウヨがわけもわからんでまったく争点になってないことを問題視してるのがたいへん滑稽。
某所で書いたけれど、この問題は完全に国際法上日本が悪い

わかりやすく例え話をしよう。
************************************************

ナントカダケという、強い毒があって普通は食べないけれど、ある民族だけに伝わるめんどくさい手間をかければ毒が抜けて珍味として食べられるキノコがあるとしよう。
あなたは山をいっこ持っています。
この山ではナントカダケが取れます。
あなたはナントカダケには興味がないけれど、研究者が来て「是非このキノコを研究するために採取の許可をくれ」と言ってきたので許可しました。
ところが研究者は、採取して研究が終わったキノコを、もったいないからと言って調理ができる人に売ってしまいました。
この研究者はその利益をあなたに支払わず「どう廃棄しようが勝手だ」と言います。

************************************************

・・・・・・どう思うよ?
日本がやってるのはこれと同じこと。
それどころか研究者が「ナントカダケを食って何が悪い、ナントカダケを食わないアンタの差別だ」と、ずれまくった訳のわからんことを言っている状態。

これに対して豪州政府は問題を提起しているのであって、クジラを捕って食うのが問題だとはひと言も言ってない。
だいたい、どっかのヒキコモリ国家のヒキコモリ民族と違って外からガンガン労働力入れてる多民族国家だから、文化・習慣がどうの言える立場じゃないのはよくわかってる、どころかその難しさがわからないヒキコモリ民族なんかに言われたくねーよ(だからこそ共通認識として法が大事)。日本人にだって「クジラ食べるなんて信じられない」っていう人がいないわけでもない。
豪州及び国際法から見れば立派な密漁(猟?)なんだよ。
SS放っておくのは、日本がやってることを密漁と見なしてるからだよ。

上の例だって中国とか半島がやったらネトウヨ共が黙っちゃいないだろ?
日本の、少なくともメディアがすり替えた論点は、中国韓国が自分たちの基準で領土主張してるのと同じレベルなんだよ。

それともそんなにクジラ食うのに後ろめたさがあんの?
論点すり替えてねーでちゃんと考えろ。後ろめたいことがないんならな。

自分らが国際的に恥ずかしくない法治国家だと思ってるんならな。

↑結局言いたいことはこれ。
posted by Martha姐 at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会学的な話。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/367653525

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。