2013年01月10日

the Hobbit: An Unexpected Journey 観てきたよ。

Bilboさあ・・・どう見てもWatsonくんと変わらんよねw 顔芸とかw
しかしMartinは、もう周りに振り回される役しか回ってこないと思われ。

原作の時も思ったけど、ドワーフ13人押し寄せてくるとか泣くよなw
そして13人もよくデザインしたよw

実は原作まだ最初しか読んでないんだけれど、概要はそこそこ知ってます。小学校の図書館にあった絵本をちらっと読んだので。
かのように、原作は子供向けです。少なくとも子供の読み物としてTolkienは書いてます。そこがLotRと大きく違うところ(だがLotRは子供も読む)。
なんで、映画もLotRよりはかなりコミカルに作ってあるね。
でもコミカルな中に生首掲げるゴブリンとかね・・・さすがだね・・・・・・。
うちの相方はこっちの方が見やすいって言ってますた。

でも。
そこはPJだ。オタクだ。
盛り込み方パネェ。

原作の量だってさあ、ホントはLotR1冊程度なわけよ。
だから普通に考えたら3時間の1本で作れるはずなのよ。
ところがね、この人LotR及び広大な世界観との整合性合わせるために説明パート(といっても実際説明してるわけではないけど)を多くしてるのよ。
原作はあくまでBilboの話だからね。

そう、Bilboの話の割には今回ほとんどドワーフたちの話、それに加えてWizardの(設定に関する)話。
誰がRadagast出てくると思うかね! Tolkienの書いた話の中でも名前しか出てこない人なんだよこの茶色いWizard!
ちなみに原作ではLotRの中でSaruman様に「あいつバカだから」言われていたのが、今回出てきましたw

そしてSaruman様の扱いがヒドイwww
Rivendaleで出てきた時のガン爺の顔wwwww ああもうめんどくさい奴がいるって顔www
テーブルでガン爺とSaruman様が向かいで座って、その少し離れたところにハgもといElrondが立っていて、Gala様その周りを回遊している状態。
ガン爺が「世界がおかしくなってきてるぞ」ってな話をしているのにSaruman様が取り合わずその理由をくどくどと話してるのをGala様ガン爺ガン無視
ガン無視してテレパシー会話してるとかもうねw
Gala様はGala様で「こいつめんどくさい」って思ってるよなw

なお、原作the Hobbitにはこれありません。この会議がそもそもない。
で、Radagastの設定も多分90%PJオリジナル。
ウサギのソリの乗っている、とかって記述どっかにあったか? つうか原作レベルでの設定が全然ないから、FotRのときに「Radagastは蛾」説が出たんだよな。
でも蛾じゃなくてよかったならだりん。その代わりすっげ変な奴だけど。
まあ森に住んでて動物と意思疎通が出来る爺さんってよく変人に描かれるよな。
ラダガストかわいいよラダガスト。

ドワーフのお家復興の話をかなり全面に出してるので、人間ドラマ作りやすいって点もあると思う。
その辺はLotRに似てるかな。
エルフと仲が悪いって現代ファンタジーのお約束もここからなのか。(ドラゴンが襲ってきた時に同盟を結んでいたエルフ族が助けてくれなかった)
あと最終的にBilboは家に帰るわけだけど、それとも対比で引っかけてる。
今回、「僕は家に帰る、道の真ん中でも生活できる君たちドワーフとは違うんだ」ということを言ったBilboさんパネェ。まあすぐ気が付いて謝ったけど。※国がドラゴンによって滅ぼされているので帰るところがない。
他の作品でもそうだけど、PJは対比うまいんだよな。だから人物像に深みが出る。

で、そのドラゴンとネクロマンサー(日本語訳がどうなっとるか知らん)ですが、どっちも演ってるのはBenedict Cumberbatch。
なんなのこのキャスティングwww
BBCドラマ『Sharlock』でSharlockやってるのがBen、WatsonやってるのがMartin。
このキャスティングが決められた経緯を知りたいw
多分BilboはIan Holmと面影が似ているってところで先に選出されたと思うんだけど。
だったらSharlockだよねー、ってノリで決めてそうだなw

しかしMartinも大変だったろうな。ある意味でIanの後任だから。見た感じかなり仕草真似してたみたいだけど。


さて、3部作公開が終わってNZ一周のロケ旅するまでは子供なんか作ってられません。
まさかTolkien先生もNZの観光資源に使われるとは露ほどにも思ってなかっただろーなー。

The Hobbit SHERLOCK / シャーロック [DVD] SHERLOCK/シャーロック シーズン2 [DVD] ロード・オブ・ザ・リング エクステンデッド・エディション トリロジーBOX【Blu-ray】
ホビットの冒険〈上〉 (岩波少年文庫) ホビットの冒険〈下〉 (岩波少年文庫)



→コメントはコチラでもエントリ下でも。

【姉妹サイト】
映画レビュー
豪州(とかサッカー)の話題
ガーデニングとか手作りせっけんの話題
posted by Martha姐 at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・舞台の話。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。