2012年08月04日

はねむーん記#3。Christchurch。

2日前に雪が降っていて、朝の気温マイナス5℃とかいう場所だったChristchurch。
母君にババシャツ一枚借りといてよかった。あとホッカイロももらっといてよかった( ;∀;)
それくらい寒かったです。つか超久々の日本の真冬レベルだった。
でも面白いことにCCって夜9時以降は電気代安くなるんだって。

で、Kiwiの知恵暖房グッズ↓↓。

120804_cc1.JPG
↑間違って触っても火傷しない暖房。廊下とかに設置。

120804_cc2.JPG
↑タオルハンガー。ちょっと濡れたフェイスタオルくらいならすぐ乾く。

基本的にCCとMelbourneは、元より義兄とその家族に会いに行くのが目的でした。
相方的には義父がなくなってお葬式の時に会ったのが最後。
わたしはNZ行くならLotRロケ地に行かにゃーってんで、1人でツアー参加。(相方がLotR興味なし。

NZはロケ地ですが、CC周辺では馬の国Rohanの首都Edorasが見られます。
色々調べたんだよロケ地ツアー。
参加したのは↓のツアー。
Hassele-free Tours Lord of the Rings Edras TOUR
当然、英語のみです。ここはレプリカの剣とRohanの旗を貸してくれる。
参加者がアメリカ人の女子学生2人組(ただし、現在Perthのうちの近くの大学に通っているw世の中ってホント狭いわ)、Sydneyからのカップルが2組と、豪州人ばっかじゃねーかwww
ちなみに当然だがわたしも「Where are u from?」の質問には「(Western)Australia」と答えている。「Originally from?」って言われりゃ「Japan」って言うけどさ、あんまり言われない。

英語できるとツアー捜すの楽よー。
日本語ガイドないからって諦めなくて済むし。←これ大事。
英語が公用語でないところだってとりあえず英語ツアーだしね。パリとか。

ツアーは当然ながら映画の話がメイン。
車中でDVD特典映像のインタビューとか使いながら解説してくれたりしました。
案外驚いたのは、最初に役のオファーが行った人。最初にSean ConneryにGan爺のオファー行ったんだって、知らんかったわ。
ここはRohanの首都Edorasのあるところなので、メインはtTTの、特にEowynことMiranda Otto。

※この辺から、LotRの馬の国のテーマ曲をかけてお楽しみください。http://www.youtube.com/watch?v=62aFVif41n0 3:08くらいから。
120804_cc3.JPG
↑この山の頂上に、EdorasのGolden Hallがありますた。

120804_cc4.JPG
↑これがEowynがHallから飛び出て外を一望して、Aragornたちが来るのに気付いたところ。※顔はぼかしてあります。
ああ、"あのドレス"で立ちたかったわあ。(風が強くて死ぬほど寒いけど。

120804_cc5.JPG
↑ついでに、川に流されたAragornが、馬に起こされて馬に乗って、Helm's Deepの入り口に来た辺り。

で、それとは別にCCの中心地にも行きました。が・・・。

今だ立入禁止
余震があったら建物が崩れる可能性があるからだって。

崩れた大聖堂。
↑あの大聖堂。奥側に尖塔があったけどそれが崩れ落ちてる。
これはもう再建はしないそうだ。CC人は残念がっている。

Christchurch中心地。
↑立入禁止なので、非常線の中には誰もいない。もはやゴーストタウン。
景気悪いんじゃないかね。これじゃ旅行者も来られない。

つうかね、日本の土建屋はなにやってんの?
技術売りに奔走するところじゃないの? おそらく(一般家庭は無理だと思うけど)市庁舎だとか政府系機関は耐震構造欲しがってると思うんだが。
値段が釣り合わないか?
でも今までの日本の大地震または度重なる有感地震を耐えたっていう実績をうまくプレゼンしてやれば、高くても欲しいって人はいると思う。
こういうときの対外交渉術はホントないね、日本って。

今度は夏に行きます。きっと。
義兄夫婦にも「今度は冬じゃないときにくるね」と伝えておきました。

おまけ。義兄夫婦の飼ってるシュナウザー母子。
娘の方。 母親の方。
左が娘で右が母親。
西洋人に飼われているイヌは、例外なく撫でられるのが大好き。
イヌ好きのわたしが放っておくわけがなくもふもふしまくってたら、勝手に人の膝の上で居眠りするように・・・。

余談だがChristchurch、中国語で書くと基督城


→コメントはコチラでもエントリ下でも。

【姉妹サイト】
映画レビュー
豪州(とかサッカー)の話題
ガーデニングとか手作りせっけんの話題
posted by Martha姐 at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅の話。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。