2012年08月02日

はねむーん記。まずまとめ。

どっから書いていいかわからんなっがーーい旅行ですが、とりあえず先にResultを(なんのだよ。

<6月>
7日 Melbourne
 寒い。義兄の娘と孫に会う。
8日 Christchurch
 寒い。てか2日前に雪が降ったとのこと。朝−5℃とか。
 でも普通は、平地は雪あんまり降らないらしい。
 義兄の家にやっかいになる。シュナウザー母娘と仲良しに。だが臭い。
9日 LotRロケ地ツアー。馬の国へ。馬の国は年がら年中強風のところなのでめっさ寒い。
10日 CC中心地と、地震が酷かったエリアへ。
 日本の土建屋よ、ここに仕事あるぞ。なぜ日本の耐震構造を売り込みに来ない。
11日 CC→Singapore
 −5℃の世界から一気に38℃の蒸し暑い世界へ。 相方に「日本は、冬はCCみたいで夏はSingaだぞ」って言ったら「絶対住みたくねえ」って。
 トランジットだが、Singa名物チキンライスを食べたかったので一晩泊まる。
12日 Singapore→Heathrow
 13時間のフライト、俺の気が狂う(大マジで)。10時間が限度だと知る。
13日 Liverpool日帰りビートルズツアー
 Beatles Story(博物館)と、Magical Mystery Tour(メンバーが住んでた家とか見る)へ。
14日 London
 相方、財布を忘れて愉快なサザエさん。全然愉快じゃない。
15日 London
 Madame Taussauds、バカにしてたら意外と面白かった。でロイヤルファミリーと、Freddieと写真を撮る。
 そのあと近所のホームズさんちと相方悲願のAbbey Rd行く。
 夜はJack the Ripperツアー。このガイドのおっちゃんがSHERLOCKみたいな風体でこれがまた。
16日 London→Ross-on-Wye→Cardiff
 内陸でWalesにほど近いところへ、相方の会ったこともない叔母に会いに行く。
 異常気象で死ぬほど寒かったです。体感、日本の12、1月並。現地の人も「今年はおかしいのよー」って言ってた。
17日 Cardiff
 Cardiff castleでJoust(馬上槍試合)じゃあ。これが見たかったのじゃあ。
 でもって、Wales国民総中二病なことを知る。
18日 Cardiff→Tredegar→Swansea
 義母が子供の頃住んでいたという家へ。
 ちなみにSwanseaだが、「スワンジー」と発音するとタスマニアの方で、Walesの方は「スワンシー」であるらしい。Swansea行ったら気を付けよう。
19日 Swansea(Loughor)
 大叔父(多分公式には他人)が住んでいた家がB&Bになっているのでそこに3晩泊まる。
 そこのオーナーが気を利かせてくれて、大叔父がアベンチュラー(スペルわからん)やってた教会に、ガイドさん頼んでくれた。
20日 Swansea、Neath
 義母が生まれたという家へ行こうと思ったが、何しろ80年くらい前の話なので、土地開発で住所がすでになくなっていた。
21日 Swansea→Llanfairpwll→Conwy
 世界で一番長い地名「Llanfairpwllgwyngyllgogerychwyrndrobwllllantysiliogogogoch」へ。
 はいみなさんごいっしょに。

 ついでにConwyは坂が死ぬほどつらい。
22日 Conwy→Liverpool
 リバプー死んだwwwみぞれ降ってた上に強風www買ったばっかりの傘がいきなり壊れたwwwww
 その後John Lennon Airportに行く。
 夜市内で食べた直火焼きのケバブが滅茶苦茶うまかった。
23日 Liverpool
 今日はスタジアム2件行くぞーって昨日から言ってるのにまたビートルズで引っかかり、俺マジギレ。
 もうリバプーなんて二度と来ない。(#゚Д゚) プンスコ!
24日 Liverpool→London
 疲れが溜まってきたので移動だけ。・・・あ、Covent Garden行ったわ。
25日 London
 最初の荷物送り。Westminster AbbeyとWar OfficeとLiz様の家に突撃(してない。
 夜は中学からの友人とfish&chips。
26日 Londonから5 Days Devon Cornwall ツアーへ。
 King Arthur系のツアー調べたらここしかなかったんです。
 Stonehenge、SaisburyからBidefordへ。StonehengeにてSHERLOCKなガイドさんに再会。
27日 Bideford→Plymouth
 Clovelly(すっげ坂道の港町)とか、Tintagel(Arthurの生誕地と言われている)とか。
28日 Plymouth
 End Land、St.Michael's Mountainとか・・・って、St.Michael's Mountainってフランスのモンサンミッシェルと同じ意味だよなあ。
29日 Plymouth→Bristol
 Bristolは地元の人は「ブリトル」って発音するらしい。Arthurと王妃が眠ると言われるGlastonburyへ。
30日 Bath
 ローマ式共同風呂のあるところ。テルマエロマエの作者はきっとここに来たことがある。

<7月>
1日 Bristol→London
 WindsorのCharles王太子邸にも行ったよ。
 上に立ってる旗の種類で、女王がいるかどうかわかるらしい。普段はユニオンジャックで、女王がいるときはWindsor家の旗が立ってるんだって。
 ツアー終了。
2日 Winchester
 雨。円卓のあるGreat Hallが閉館だが無理言って円卓だけ見せてもらった。
 午後にLondon Dangeonに行ってきたが、自国の黒歴史をテーマパーク化するって発想がすごい。
3日 London→Paris
 Euro Starにて移動。ただし、みんな大きな荷物持ってるので、自分たちの荷物がキャビン部分に乗せられず座席まで。
 こーいうことがあるから荷物は小さい方がいいって言っただろ!と俺の説教炸裂。
 気のいいおっちゃんが座席の上の棚に乗せてくれたが(重くて自力では無理だった)、この荷物関係で言い合いをしていた俺ら夫婦を笑いながら見てて何もしてくれなかったのはでかいアメリカ人のグループ。
 言っちゃ悪いけど、英語圏の若い人の中で一番人を助けないのはアメリカ人。英語があんまり通じないフランス人だって助けてくれるのに! このピザどもが!
4日 Paris
 凱旋門とエッフェル塔と、1日パスを持っていたのでセーヌ川クルーズも。パリお約束セット。
5日 Paris
 引き続き1日パスがあるので、蝋人形館(Musee Gavin)、ノートルダムとワインテイスティング。
 ワインテイスティングはワインの解説もやってたけど、フランス人だが英語がすげえうまかった。
 夜はおっぱい展覧会(違。
6日 Paris
 英語読みだとフランス人に通じないVersaillesへ。カタカナ語のヴェルサイユの方が通じるよー。
 宮殿中にあったAngelinaでMont Blanc(モンブラン)を食す。相方、松田優作化。※英語圏にモンブランが存在しない。
 そのあとルーブルでモナリザさんと会うが、俺がモナリザさん嫌いでさ・・・。怖いんだもん。
7日 Saint-Denis
 ↑サンドニと読む。サンドニと発音した方が通じる。フランス革命時に荒らされたらしいねー。
8日 Normandy
 日本人はまず行かないNormandy Beachへ、1日ツアー。義父がノルマンディ上陸作戦に参加した人だから。通信兵だったらしい。
 戦争記念館がかなり面白かった。日本人はあんまり大戦中の西洋諸国のこと知らんからね・・・。
 帰りに寄ったSAでやたら日本人のツアー客がいるなあ、と思ったら、Mont Saint-Michealね。Englandの方に行ったからいいわい。
 相方が風邪(?)で咳がひどいことに。
9日 Paris(病院+休憩+移動準備)
 朝から英語の通じる医者のいる病院を探し、2ゾーンと遠いがAmerican Hospitalへ。相方喘息持ちだから、風邪の引き方によってはクリティカルなのよ。
 ・・・ついでにわたしが風邪移される・・・。
10日 Paris→Philadelphia→Las Vegas
 フィラデルフィアでトランジット、ベガスへ。
 時差の関係もあり、昼間の時間が20時間超という状況で、ベッド入った瞬間寝たわ。
 US Airwaysの国内線、許すまじ。
11日 Las Vegas
 2人して風邪と疲れでダウン。わたしが夜中に肋間神経痛発症して眠れず。しかも胃痛とダブルで来たw
 歩いてる最中に胸抑えてうずくまったら、さすがに通りすがりの人が「大丈夫?」って声かけてくれました。だが発音からすると米国人じゃない。
12日 Las Vegas
 夜The Beatles LOVEを観る。http://www.cirquedusoleil.com/en/shows/love/default.aspx
 これを観るためだけにVegas来たんだからな!
13日 Las Vegas→LA
 Down townにアコモ取ったけど、店が19時以降どこも開いてないよ! 夜コーヒーも飲めないよ!!
14日 Hollywood
 ユニバーサルスタジオ。10年ほど前に来たときは、アナウンスが英語とスパニッシュだったのに、スパニッシュが消えたな。
 スタジオツアーのキングコング3D、すげえよ。PJ(とWETA)が作ったんだって。
15日 Hollywood
 ハリウッドミュージアムとハリウッドワックスミュージアムへ。ワックスミュージアムなあ・・・なんかリアル系の似顔絵から起こした感じがする。ハリウッドミュージアムはボリュームあって好きな人は多分1日中いられると思う。
 Hop on Hop offで、聖林一帯をぼんやり走る。Rodeo Driveとか。
16日 Hollywood
 LA ink(という番組がある)で有名なタトゥショップのHigh Voltageへ。だが番組終了後はここでタトゥ職やってないらしい・・・。
 それから中心地ウロウロ。あれだけ相方が嫌がってたLA地下鉄にも乗せた。
 で、LAからSydneyへ。LAXが酷すぎる件。
18日 Sydney
 中心地のTown Hall駅。調べたら日本人がやってるラーメン屋があるというのでそこで昼ご飯。
 夜はアコモの隣の韓国料理屋さんで肉とチヂミ食べた。西洋飯はもうしばらくいらん。
19日 Sydney→Canberra
 午前中は時間があったので、Opera HouseとかBridgeの辺りを軽く見て回る。
 Greyhoundに乗って4時間の旅。相方の幼馴染みの悪友に拾ってもらう。
 泊まったホテルがその悪友の住んでるユニットのほぼ向かいなのだが、なぜか昔義弟が働いていたところだった。世の中ってセマイネー。
20日 Canberra
 午前中ゆっくりして、午後悪友に案内してもらい相方の子供の頃過ごした家を見たり、通ってた学校を見たりしますた。
 朝寒いよマイナス3℃とか5℃とか当り前なのここ。
21日 Canberra→Sydney→Townsville
 またバスで4時間の旅、さらに飛行機でTVへ、甥っ子の前の奥さんに義父のメダルを返してもらうように交渉。
 息子2人が可愛い。
22日 Townsville→Brisbane→Gold Coast
 ホントはBrisbaneで甥っ子の家に行くつもりだったのに、数日前にパートナーの祖父が亡くなったからSydneyに行かないといけない、と連絡が来て、仕方がないのでGCの義弟の家に行く。
 義弟、アジア人(できれば日本人)の嫁さん欲しいって。誰かいる? the Simpsonsのダメオヤジみたいな人だけどw 孫いるけどw
 あと義弟に「Good job」と言われたがそのあと「君がいなかったらJohnはいまだにPerth空港うろついてたよ」というよくわからん褒められ方をしたw が、事実だと思う。
23日 Gold Coast
 俺の誕生日。
 義父母のお墓参りして相方「新しいMrsだよ」俺「Carerです」。
 夜はパブでカンガルー食べた。油のないビーフみたいで美味しかったよ。
24日 Gold Coast→Brisbane→Perth
 ほーーーーむ、すいーとほーーーーーーーーーむ!
 QANTASだけど、2-4-2のでかめの飛行機ですた(国内線は3-3が多い)。機内食もそこそこ美味しかったし。


とりあえず F●king Beatles!!!!
もういいわビートルズ。
相方にも「お前これ以上ビートルズグッズ家に増やしたら片っ端から壊すからな(ドスのきいた声)」と通達してあります(はぁと。

あと2週間以上経っているのにLAからの荷物が届きません。
カスタムで引っかかっているんだろうけど、よっぽど見るんだな。変なモノ入ってないってのはX線でわかるはずだが? 豪州のBorder Securityなめてんの?(X線通して、怪しいものがあった場合のみ開封して確認)
もううちら2人ともおめでとう! アメリカ嫌いがアメリカ大嫌いに進化した!
アタシの豪州ビザとかさあ、荷物検査とかさあ、あいつらパラノイアだろ。日本生まれ日本パスポート持ちのアタシがアメリカの不法移民になってもアタシに何の利益もないんだが?
それとアタシのラゲージの錠も壊された。ちゃんとなんとかって対応してるやつだったのに。
それにネームタグも2人とも外されてどっかにやられた。セットで「KING」と「QUEEN」ってデザインのやつだったの。ふざけんなアメリカマジふざけんな。
まああまりにもスパニッシュスピーカーが多かったことに関しては同情の余地あるけどな・・・


楽しかったっていうか疲れますた。




→コメントはコチラでもエントリ下でも。

【姉妹サイト】
映画レビュー
豪州(とかサッカー)の話題
ガーデニングとか手作りせっけんの話題
posted by Martha姐 at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅の話。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。