2011年06月11日

ちょいと生々しい話しますよ。

これ非常に不思議に思ってるんですけどね、豪州(というか西側社会)にはPhysiotherapistというのがいるんですね。
日本語にすると理学療法士。
まあこれだけなら日本にもいるんだけれど、普通リハビリ・マッサージの人で、外科用っていうイメージが多い。
ところがこの方々、西側社会に置いては至る所で多用されてます。

今回書くのは性交痛。

いや実はねー、俺昔っからタンポン使えなかったし(どうしてもある一定以上から先に入らない)、内診用のあの棒とかね苦痛でしゃあないのですよ。
実際、相方と事に及んだときにすげえ痛くて悲鳴上げまくって婦人科行ったくらいだし。初めてだから痛い、とかそういうレベルじゃない。

で、こっちだとこういうときに利用されるのがそのPhysiotherapist。
日本で「性交痛」で捜しても、具体的な解決策はまったく出てこないんですな。相手に理解してもらいましょう、って当り前じゃねーか。その先どうしろってんだよw

今Physiotherapistにかかってます。今週3回目行った。
何してるのかって言うと、普通の医者と同じで問診をして、
(ちなみにここで「アンタコーヒー摂りすぎ!」と怒られて、1日3杯以内に収めることになりました。
コーヒーは水分排出する効果があるので、摂りすぎると、脱水症状まではいかないけど体内の水分が足りなくなって筋肉の収縮機能に問題が出てくる。
ここにかかる前は、1日家にいる日なら10杯くらいは普通に飲んでました。エヘ★
あと水かハーバルティを多めに取れと言われているので、なるべく2リットルくらい摂るようにしてる)
それから膣の入り口付近の状態(筋肉)を見て、効果的なエクササイズをサジェストするのが仕事。

わたしの場合は、問診の結果、精神的なものではないというのが判明。
入り口の楕円を8コに区切って、綿棒でそれぞれ触ってみたら、左側の筋肉がやたら固まってるのが判って、まずそこの筋肉を緩めることが最初の目的になりますた。
婦人科の方でもらった、軽い麻酔作用のあるジェルを使ったあと、深呼吸しながらシリンダーみたいなのを入れてみる。リラックスしてるときがいい、というのでシャワーのあと実行。

それで痛みがかなり軽減されてきた今週、膣の筋肉は実は2層になっているというレクチャーを受け、今までやっていたことは表側の筋肉に対するものだということがわかる。
中側の筋肉は、足の付け根周りの筋肉とお尻の筋肉(特に下部)に影響されているので、その辺りのマッサージを受ける。
受けたのはいいんだけど・・・
左側の尻がいてぇ。マジでいてぇ。
肩こりが酷い人がいきなり指圧受けたときみたいにいてぇ。

「あー。ここなのねー」

なんですねー。
右側も痛みあるけど、左側に比べたらそんなの屁でもない。
で、今週からお尻周りの筋肉を弛緩させるためのエクササイズ実行。
ゴムバンドを膝のところに持ってきて、仰向けに寝て膝立てて、中から外へ伸ばーす。3,4秒やったら元に戻ーす。
というのを1日1セット10〜15回。

これどういうメカニズムで効果があるのかよくわからんのだけど、やってしばらくするとマッサージの時に痛かったお尻の部分が痛くなるので、効果はあるんだろうと思う。

日本の産婦人科ってここまで指導してくれないよね。リラックスしなさいって言うだけで。
こっちだと普通だそうですよ。
まあ婦人科では指導してくれないが、普通はPhysiotherapist紹介してくれる。
わたしの友人にも、最初問題があったけどPhysiotherapist通って、今ちゃんと子供がいる人いるしね。

こうやって見ると、日本のセクロス事情って遅れてんなーって思う。
つか(全体的に)医者の自己顕示欲が強すぎる気がするし。なんで日本の医者って自分だけでなんとかしたがるかね?
その結果、病気であればなんとかするけどそうじゃなかったら自分たちの問題でしょ、とかふざけてんのかと。
こっちだと薬でも薬剤師さんときちんと相談したりするんだよ。もともと薬色々飲んでるような人には。

つかなんで自分、こんなに尻が凝ってんの?w




→コメントはコチラ

【姉妹サイト】
映画レビュー
豪州(とかサッカー)の話題
ガーデニングとか手作りせっけんの話題
posted by Martha姐 at 11:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会学的な話。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いろいろ興味深く面白い話だった。
筋肉の話とか。。。
自分のことなのに知らないよね!(普通の生活していれば、知りようも無いぜ)

日本に住んでると、そんなもんだと思って暮らしてしまうけど、
知ってしまうと西側の「Physiotherapist」
良い制度?だわ。
Posted by ebita at 2011年06月12日 04:54
>>えび
筋肉2層の話はホントに初めて聞いたよね。
だからそこから奥がひっかかって入らないんだーって納得したよw

Physiotherapist(フィジオセラピスト)は筋肉とか運動機能関連のスペシャリストなんで、日本みたいに医者のオマケ扱いじゃないんだ。
まああと、日本はまだ性に対してそこまでオープンじゃないっていうのもあるんだと思う。
Posted by Martha at 2011年06月12日 09:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。