2012年04月24日

Mary Poppins観てきますた。

Mary Poppins Australia Cast プログラムから
↑プログラムから。

実はオイラMary Poppinsって観たことないんです。
母君が「アンタちっちゃいときに舞台観に行ったよ?」と言い張ってるんだが、肝心のオイラはカケラも覚えてません。
普通人が空飛んでたら覚えてると思うんだけどなあ。
日生劇場アニーなら覚えてるんだが。カケラだけだけど。

※この調子で、子供の頃色んなところに連れて行かれたらしいのだけれどまったく覚えていないというので「小さいときに連れて行っても甲斐がない!」と言われて育ちましたので、うちの子はどこにも連れて行く気がありません。

↓Mary Poppins - Australia - Extended Promo

↓Cast of Mary Poppins Australia - Supercalifragilisticexpialidocious Helpmann Awards 2010 .


Supercalifragilisticexpialidocious のダンスは映画もミュージカルも全部共通なんだろうか・・・。(つべでBroad Way版観たけど一応共通っぽいな。細かいところで若干の違いはあるけど。
つかこのダンス、1日3回くらい踊ってれば痩せると思うんだ・・・。
上の動画のうち、下のは2010年のAwardsでのパフォーマンスなんだけど、この豪州キャスト版っていつからやってるんだ。マジわからん。でもMary Poppinsのキャストが違う気がする。
このパフォだと子役がいない。最初の方のBertのセリフは全部本当は子供の。
やっぱ労働法関係か。

※ちなみに豪州は労働者の国のせいか、芸能関係のみならず子供が仕事して報酬もらうことを良しとしている。お金を手に入れるためには労働しなさい、そして税金を払え、というのを子供のうちから仕込むんだな。その代わり児童のための労働法も割ときちっとしてるみたいだ。自営業の庭師の子供が男の子だったりすると手伝いに連れ回されてるのをよく見る。

つーわけで(何が)、実はMary Poppinsが傘で空を飛ぶってことくらいしか知らんかったのです。
あとはwikiで大まかな流れ見ただけ。

えっらいこと英国の階級社会を批判してる話だなあ、と思ったら原作者って豪州出身なのね。とは言っても生まれが1880年代だからまだ"豪州"ではなくて植民地だった時の話だけど。
Banks家はホワイトカラー層でしょう。その中で育った子供の、Bert(見るからにブルーカラー層)への最初の評価がすごかったw
ブルーカラー層が国の基盤で、なくては立ちゆかない国の出身者からしたら、この階級制度は実に変な話に見えたんだろうなあ。
作者の父親は銀行マンだったらしいけど、unsuccessfulで、7歳の時に亡くなっているらしい。
植民地の銀行マンなんて、半ブルーカラーだろうし。しかも両親、IrishとScotish。

Banksさんの勤め先が銀行ってのも面白い話だがw
豪州史的には有名な植物学者の名前だけどね。Sir Joseph Banks。※固有種Banksiaを収集して研究した人。バンクシアはマカダミアナッツの仲間、故にマカダミアナッツは豪州原産。

話自体はおそらく映画版とも差がないと思われるんで端折る。ただし原作者は映画版の出来が気に入らなかったらしいが。

それより、ミュージカルってすげえなあ!
わたしの席からは指揮者の頭が見えてたから余計感じるのかもしれないが、音楽と役者つなぎ合わせるのは指揮者だけでしょ。まあセリフはある程度聞こえてると思うけど。
役者は指揮者見るわけじゃないから、音楽の開始は完全に役者合わせ。一度鳴っちゃえばあとは歌と同じで役者が合わせるだろうからそれほど難しくはないだろうけど。
練習にしたって、それぞれの練習の後に合わせで練習しなきゃいけないし、Mary Poppinsくらい大きな舞台だと舞台装置も大きい上に場面転換の時間も限られてるからそれに合わせて大がかりな練習もしないといけない。
どれかでもタイミングひとつ外したら大失敗。演劇みたいにアドリブでどうにかできるもんじゃない。うっかり躓くだけでも痛手。※場面によっては音楽がないが、ほとんどが音楽の鳴ってる中での演技。

演出家だってセンスなきゃうまくいかないだろうな。

あと会場
舞台装置がなければできないよね?ってことがかなり多い。
空飛んだりするのもそうだし、Bertが壁と天井歩いたりするのもそう。
だから古い劇場だときっと演じられない。
最後にMary Poppinsは客席の中央くらいのところまで飛ぶんだけれど、そのあと照明が消える。その辺りの天井に人の出入りが出来るくらいの穴が空いてるはずだけど、照明の関係もあって見えないようになっている。

それとかばんから明らかにかばんより大きなものが出てくるってやつね。
床においてあったかばんは理解できるんだけど、そのあとテーブルの上に置いてそこからランプ取り出してるんだけど、それだけはどうやってるのかわからなかった。
テーブルのすぐ横に屋根裏の壁があったけど・・・でも下は確実に何もなかったし。

そういえばオペラ座の怪人で、オペラ座の設計はファントムが天才的な才能で作ったって話だけど、なんか理解した。
よっぽど色んな機能に対応してなきゃ実現できないことが多いんだわ。


で、結局Mary Poppinsって何者なの?
Bertとも最初からお互い知り合いなんだよね? 何者なんだマジで。Bert含めて。
BertかわいいよBert。ちなみにBert役のお兄ちゃんは役者というよりはダンサーだそうで、Happy Feetのキャプチャーやったらしい。

惜しむらくは、座席が左端だったので、舞台の向かって左側の奥が完全に死角になっていたこと。
でもカイトに捕まってやってくるMary Poppinsがスタンバってるところはスカートだけだけど見えたw

だが傘はともかくカイトで飛んでくるのは変。見た目が。

   

→コメントはコチラでもエントリ下でも。

【姉妹サイト】
映画レビュー
豪州(とかサッカー)の話題
ガーデニングとか手作りせっけんの話題
posted by Martha姐 at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・舞台の話。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月12日

ギリシャ神話の話と、柑橘植物と太陽光(違。

最近見た映画の話なんぞを。
映画っつってもDVDだけどな。
しかも借りるんじゃなくて買ってくるバカがうちには1人いてな。
買うのは構わんがなぜ観たことない映画を買ってくるんだタコ。(ハゲと言いたいが生憎ハゲてない
しかもご丁寧にブルレイ。

タコ。

Immortals (インモータルズ -神々の戦い-)

・・・あのですね。
何をどう突っ込んでいいかわからん。
まあギリシャ神話モチーフの話で、ギリシャ神話そのまま使ってるわけではないんだけれど。

ゼウスの人間時の姿がJohn Hurt。
この人Merlinでドラゴンの声やってて、声ですぐわかった。
ちなみに今調べたら日本語吹替えだと大塚周夫さんが当ててんのな。海原雄山。
わたしん中では青野さん声なんだが。・゚・(ノд`)・゚・。  ご冥福を。
雄山ならまあよいと思う。堀勝之祐さんよりはイメージ的に。

そらまあいいや。

まずね、衣装デザインがダメ。
何度も言ってるが、衣装に萌えないファンタジーなんぞファンタジーにあらず。
兵士とか一般人はまだいいよ。・・・それでも兵士が、ギリシャじゃなくてローマンスタイルなのが気になるが・・・。
敵の大将のHyperion(なぜか日本語表記が英語読みのハイペリオンになっていた。ギリシャ語読みのヒューペリオンでいいじゃん)の兜のデザイン、どう見てもハサミムシ
あれはねーわ。
すっげえ残虐な王なのになにその威厳のない気の抜けるデザイン。

神様もすげえ安っぽいコスプレ大会状態だし。
見るに堪えん。

ギリシャの神々に仕える4人の巫女が出てきてお互い「Sister」って呼んでるけど、血縁関係あるんかいな。
多分ないと思う。なぜならアクターの人種バラバラ。
ヒロインっぽい1人はインド系っぽかったし、1人は明らかに東アジア系、1人は黒人で1人はラテン系?の白人。
でもその辺の設定が全然判らずじまい。

そして彼女らはギリシャ語話してるんだが、話の内容上、その設定の意味なし。
神に仕える身だからって特別な感じにしたかったんだろうけど、別に神様たちがギリシャ語話してる訳じゃないし、説得力のない死に設定。神様が使ってるまだ「神の言葉」として理解できるんだが。

話自体はよくあるリベリオンだな。
残虐な王が神様バカにして侵攻してきたから、隠れて生き延びてこの王様打とうっていう。
Titansの方がなんぼもマシだなあ。
300のスタッフがどうこうって、残念ながら300ほど印象的な映像じゃないし・・・。
4/10

Oranges and Sunshine (オレンジと太陽)

豪州映画。豪州とUK合作。
日本だと今月公開。

UK政府と豪州政府がやってきた、1950〜70年代の児童移民の話で実話。
実はこのスキーマ自体はUKでも豪州でも今だに一般ではあんまり知られてない。
5歳から15歳くらいの子供が半ばだまされる形で豪州に連れて行かれて、強制労働させられたり虐待を受けたりしていた。
ここで出てくるのがヒゲこっぱげHugoの「いつも太陽が輝いて、いつでもオレンジを食べられる」と言われた、という言葉。この言葉を言われて憧れた、という。
そして親はオーストラリアに子供が送られたということも知らない。UKのどこかで里子として過ごしていると思っている。

公式サイト見てもらえれば映画のサマリー自体はわかるからしないけど、1980年代後半になってそれを知ったUKのある女性ソーシャルワーカーが、その被害にあった家族を引き合わせていくってな話。
しかも彼らはBirth Certificate(出生証明書)すら持ってない、誰が親だかもわからない、自分はどこの誰?という状態。
責任問題がどうのこうのと逃げようとする政府関係者を相手にEmily Watsonが「彼らは! ただ自分たちが何者なのか知りたいだけなの!」というのがこの話の根底概念。

ただ、なんでUK政府がそんなことしたのかよくわからんのよね。
映画の中の政府関係筋は否定するばっかりだし。
UKの豪州大使館(?)のとりつく島のなさは笑っちまう。

で、この映画で出てくるのが Bindoon という土地だが、これWAなのよ。
たまにNew Norciaとか仕事で行くときに通るのよw ここの農場でファームステイとかやってるところもあるし。
だから知っているが、この映画で出てくるBindoonは明らかに本物のBindoonではないとw 植生が違うし、地形もこんなに山じゃない。丘陵は丘陵だけど。
で、久々に見るWenhamのおっちゃんはUKから連れてこられてここで強制労働させられてたという設定。

・・・でも本物のBindoonじゃないから萎えるんだよなあ・・・。
つかロケ地SAだし。
でも「Margaret River産のワイン」とかは萌えますた。だが風景はどっから見てもPerthじゃないっていう。※もちろん今のPerthはそもそも80年代後半とは明らかに違うけど、わたし最初に来たのが88年だからね・・・。

しかしホント、HugoのおっちゃんとWenhamのおっちゃんはアメリカ資本だとはっちゃけた役ばっかやってるのに、豪州映画は社会派ばっかりだよなあ。
6/10



→コメントはコチラでもエントリ下でも。

【姉妹サイト】
映画レビュー
豪州(とかサッカー)の話題
ガーデニングとか手作りせっけんの話題
posted by Martha姐 at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・舞台の話。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月07日

ないと困るぞ! キッチンハーブ。

ニ ン ニ ク と シ ョ ウ ガ 。



・・・という基本はさておき。
まあそもそもハーブの定義から入らないといけないわけだけれど、とりあえずそれは無視の方向で。

実家はニンニク使いの家庭なので、ニンニクはないとどうにもならない。
鶏の唐揚げにもニンニク。パスタにもニンニク。野菜炒めにもニンニク。野菜スープにもニンニク。カレーにも入れる。
つかニンニクがないと味が締まらないのですよ。

パスタとか唐揚げにはニンニク大量に入れるのが好きなんだけど、相方が強いスパイスが苦手(アレルギー)なので、結婚してからは明らかにニンニク風味のものは作ってない。
1人で食べるときはニンニクとチリたっぷりいれたペペロンとか作るけど。
でも隠し味というか、味の基本としては絶対入れる。入れないと味が締まらない(大事なことなので二度言ったよ)。

ショウガも同じく。
つか中華風味のもの作ろうと思うとショウガはないとやってらんないよね。
あとノドが痛いときにホットレモンジンジャーとか作るし。
鶏の唐揚げはニンニク風味かショウガ風味の2択。

まあ上のは基本。
キッチンハーブと聞いて想像するものではあるまいw だがこれらもハーブなのだよだまされたなフハハハハhげぶッごほッ

まあそれ以外の西洋的なハーブですが。ホントないと困るのがローズマリーとタイム
どっちもトマト煮込むときによく使うけど、オリーブオイルに浸けておいて調理に使うのですよ。
それこそ野菜スープとか作るときとかパスタソース作るときに超重宝。
ドライにしておいてお茶にしたり、サシェにしてタンスに突っ込んでおいたりと意外と活用できる。
わたしは自作せっけんで頭洗うから、リン酢用の酢にローズマリー突っ込んでおくね。

だもんで、庭にローズマリーとタイム育ててないと落ち着かない。

特にローズマリーはじゃがいもだとか肉類全般とも相性がいいんで、かなり使ってる。
調理に関していえばタイムはローズマリーよりは頻度下がるけど、やっぱりトマト料理だな。アロマクラフトとしてはあんまり使わない。

トマト料理ならオレガノじゃないのーと言われそうだけれど、オレガノも(あれば)入れます。
マジョラムも入れます。(オレガノはマジョラムの仲間なので、調理用としては代用可)
でもオレガノはどっちかというと市販のトマトソース(≒ケチャップ)使うときだなあ。
生トマトとかトマト缶のときはタイム+マジョラムが多い気がする。てかオレガノの栽培がことごとく失敗しているのでねw

バジルは実はあんまり使わない。
あればトマト+チーズ系に入れたりするけど、なきゃないでどうにかなる。

今家にあるのに案外使ってないのがフレンチタラゴンとセージ。
タラゴンは酢に漬けてある。
まえにチキンドリア作ったときにホワイトソースの香り付けに使ってみたんだけど、なんかニッキっぽくない? ニッキ自体は嫌いじゃないんだけどさ。
セージもそのうち酢に使おうと思っている。あとはソーセージやら肉団子系に他のハーブと混ぜたり、かな。


調理には使わないけど、お茶としてないと困るのはカモミール。
お腹の調子が悪いときとか、なんとなく寝付けないときとか、痒みとかのスキントラブルのときに薬代わりに飲む。虫刺されで痒くて掻きむしって長期化してるときは1日2,3回は絶対飲む。抗アレルギー作用があるんで。
でもキク科アレルギー持ちの人は使ったらあかんよ。
あと薬じゃないんで過信してもあかん。あくまでも回復補助という意味で。



→コメントはコチラでもエントリ下でも。

【姉妹サイト】
映画レビュー
豪州(とかサッカー)の話題
ガーデニングとか手作りせっけんの話題
posted by Martha姐 at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 家庭の話。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月04日

怠惰な生活してます。

最近は仕事がなくまったりしてます。
今月、今んとこ仕事の要請が2日しかないってどーよ。
もう本気でヤヴァイよPerthの観光業。エージェントもおみやげ屋も悉く撤退してるし。

そんな感じで大して外にも出ないわけで、そんな中なんでか食欲が夜型に移行してきて大変なことになっております。
ウチ体重計がないから実際わかんないんだけどさ、体型は変わってないと思うんだけど顔が膨れてきたw
気温が急に低くなったからだろうなあ、異様にラーメンとか脂っこいモノが食べたいんだよぅ。


Perth Gloryが決勝ラウンド進んだりとかしてくれてね・・・。A-League史7年で初ですよ。その前身のNational Leagueでは強かったらしいんだが。
おかげでアルコールとポテチとチーズの消費量が増えてますよ。
次回土曜のSemi-finalもホームだし、勝つと思うし。※Perthはホームゲームでまず負けない。まあ12600人入ったところで明確な相手サポなんか20人いるかいないかだしなあ。マジで。

ちなみにSemi-finalは、シーズン中上位6位が進めて、1位と2位が2回試合する。これが Major Semi-Final。1戦目を LEG 1、2戦目を LEG 2 と呼ぶ。LEGがなんの略なのかはわからん。
3位以下でそれぞれ Elimination Semi-Final で1戦ずつ。これで負けたら即敗退。
Elimination Semi-Finalで残った2チームで Minor Semi-Final。
で、Minorで残った方と、Majorで勝ち点が多い方(多分)でFinal。
【修正:07/Apr/2012】
 Minorで残った方と、Majorで負けた方が Preliminary Final (Prelimi Finalともいう)で1戦やって3位決定。そのあとそれで勝った方とMajorで勝った方でGrand Final。
【修正ここまで】

・・・これかなり変則的だと思うんだけど、そうでもないの? Jも同じ?
つかPerthが今まで全然Finalに絡んでくれなかったんで、このシステム理解したのは今年。つい一昨日。


さてせっけん作りだめしておくか・・・
あとシステムもそろそろちゃんと作っておかないとね。ふう。

家で何やってるかっていうと、やる夫スレのまとめ読んでたり、ガーデニングしてたり(植物関係のサイト見てたり)、レシピ見てたりしてる。
あとスーパーの広告が毎週入るのでチェック入れたりもw
掃除は週に1回+α。
掃除は、わたしはハタキをかけて箒で隅っこ掃いて、その上で掃除機。畳の国の人だもの。
相方は別の日にモップとか水回りの掃除。タイル床の国の人だもの(←仕事が掃除人なんで得意)。
洗濯も週に1回、掃除の前にやる。水が少ない土地なので毎日なんかできんわい。原則週1だ。でも2回に分かれるけど。
日曜に早く起きて、さっさと終わらせる。


うぅ、勉強してねえ・・・・・・( ´ゝ`)
テレビも基本ニュースと気に入ってるドラマ(Rex、Merlin)、ドキュメンタリー(Border Security)、サッカー(Sports Fever、the World Game、試合)、教養?(Better Homes & Gardens)くらいしか観てないしなあ。逆に言えばやってなければ全然観ないと言うこと。
本読まねば。新聞読むのも最近サボってんなあ。



→コメントはコチラでもエントリ下でも。

【姉妹サイト】
映画レビュー
豪州(とかサッカー)の話題
ガーデニングとか手作りせっけんの話題
posted by Martha姐 at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常の話。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。