2011年12月31日

15年来。

Human Natureという豪州の男性4人組ヴォーカルグループがある。
15年ほど前にファーストアルバム出して、最初から国内では結構人気があり、2000年にはSydney五輪のOPで国歌歌ったり、セリーヌディオンの前座やったりしてた。
2006年頃からMotown('60、70年代のアメリカの黒人ポップ)のカバーばっかりするようになったのはやや気に入らないが、それでも15年前からわたしがずっとアルバムを買い続けている連中である。
おそらく日本人で他にこんな奴はおるまい。

15年前↓。

今はこんな↓(47秒よりあと推奨)


前からねー、ライブ行きたかったのよ。
実際、ここ5年くらいPerthにも毎年12月には来てたんだけど、King's Parkでピクニックスタイルコンサートだったのでイマイチ行く気が起きず(日本人だねェ・・・)。

今回はBurswood theatre(カジノのあるホテルが持ってる劇場)でやるというので相方と行ってきました。

相方はHNはあんまり知らないけど、50年代生まれでMotown世代の彼曰く、「Motownのカバーバンドとしては完璧」だそうだす。
ダンスもほとんど再現してるらしい。だから振り付けが古くさいw
うちの母君は、たまにTVでやってるのを見ると「ラッツ&スター(シャネルズ)みたい」っていうw まあラッツ&スターも黒人ポップから始まってるしな。

客層は、やっぱり年配者多いなw
もともとアイドルというにはイマイチ華のないグループではあったんだけど・・・。
15年前はMikeが可愛かったねw (上のビデオで髪の長いメインヴォーカル。ちびっ子)
Phil(おっさん顔)は昔っからおっさん顔だと思ってたが、一番印象が変わってない。おっさん顔(大事なことなので3回ry
TobyとAndrewは上の2人と比べるとやや印象が弱いが、Tobyが背が高いベース(バス)で、Andrewはミドル、今回初めて知ったんだが、ファルセットはAndrewの専門だった。

ハイスクールが同じで、その頃から音楽いっしょにやってたのは知ってるんだが、22年もいっしょにやってるってのはちょっと驚いた。

最初のトークがAndrewで、メンバー紹介やったんだけれど、「Mikeが僕の弟(兄?)で・・・トップテナーだけど、可愛いよねw」っつってたwww チビだしなw
ちなみにメインヴォーカルは曲によって変わるので、この中で誰がっていうのはない。
初期はMikeだったけど。

・・・Mikeの背が、他のメンバーに比べて頭一個分背が低いということは知っていたんだが、相当小さかったぞw(ハイスクール時代はボーイソプラノだったが、「ハイスクールのときのボーイソプラノなんて、人気なくってねー」って言ってた。
あとTobyさんの後頭部が遠目で見てもわかるくらいかなりヤヴァめな状況に・・・。アルバムの写真は後ろ撮らんからな。

2009年からか? Las Vegasで活動してます。
ただ契約っていうだけみたいで、契約切れれば帰ってくるらしい。
毎年12月に豪州でコンサートやるっていうのだけは徹底してるな。Perthは例年は12月頭に来てたんだが。

Sydney Olympics - Australian National Anthem(ちょっと前段階が長い。2:40くらいから)

余談だが、豪州国歌「Advance Australia Fair」は1970年代に国民投票によって「国歌にふさわしい」とされた曲で、84年に正式に国歌として制定されたけれど、その前の国歌が「God save the Queen/King」だったんだな。
GB国籍の相方は「豪州の国歌はGod save the Queenだろ?」といって絶対歌わない。
・・・あんたなあ・・・。わたしは好きだけどなあ。

ああ成る程、英国人ってのはプライド高いんだなあ・・・。



→コメントはコチラでもエントリ下でも。

【姉妹サイト】
映画レビュー
豪州(とかサッカー)の話題
ガーデニングとか手作りせっけんの話題
posted by Martha姐 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常の話。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月04日

QUEENのトリビュートバンド観に行きますた。

前にも行ったけどまた行ったよ。豪州のQUEENトリビュートバンドの中では最高峰のBohemian Rhapsody。
なんかFreddie度が上がってたしw

この人達のすごいところ。
Bohemian Rhapsodyの"あの部分"を生で再現した。
・・・マジで。
本人達ですらライヴではしなかったのに。

あとキーも全然変えてない。
けっこうコピーバンドだったりするとかなりキー下げてたりするんだけど、全然そんなことはない。
Show Must Go Onのファルセットとか、よく出たな。Elton Johnでも出さなかったのに。

声がFreddie激似。
とは言っても、深みという意味ではやや欠ける。
まあしゃべり方も似てるし。

でもまさかオペラ歌手連れてきてBarcelonaやるとは思わなかったけどなw
しかもオーディエンスの殆どが知らないしw
参考→AMAZON

ええ、当然持ってますがなにか。

つかオーディエンスに50代くらいのおじちゃんおばちゃんがけっこういたけど、80年代後半以降の曲とか全然知らんだろアナタ方。
I want it allとかShow must go onの反応が薄い薄い。まあしょうがないけど。86年でライヴ最後だしね・・・。

今回演った曲全部網羅してたのってわたし含めてもそんなにいないんじゃないかという気がする。
こういうときは当時ファンだった、よりも、あとから全部まとめて聴きましたの方が強いな。


とりあえずツッコミ。
ギタリストの兄ちゃん、それがヅラなのはわかってたが、最後引っ込むまでそれを外すなw
ベーシストのおっちゃん、アンタは仕事帰りのサラリーマンかwww (背広の上着無し姿だった)寝間着代わりのTシャツと短パンにしとけwww

つかBrianってさ、もうあの髪型辞めてもいいと思うんだよねw
やっぱQUEENとしてのアイデンティティとか、そういうことなのかしら。



→コメントはコチラでもエントリ下でも。

【姉妹サイト】
映画レビュー
豪州(とかサッカー)の話題
ガーデニングとか手作りせっけんの話題
posted by Martha姐 at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常の話。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月03日

マンガ・アニメ・ゲームの実写化って・・・

るろ剣、AKIRA実写化に当たって思ったこと。

個人的には完全に反対ではないんですが。
ただ、日本のマンガアニメって、単純なビジュアル面で実写化には向かないよね。
相方は「日本のアニメは目が大きすぎてキモチワルイ」って言うんだ。生理的に完全にダメらしい。
確かにアメコミはリアル描写主義だし、実写化して成功してる(売り上げ的な意味でなく)のってアメコミだとか、割とリアルに近いゲームだよね。
X-MEN、Captain America、Superman、Batman・・・ゲームだとResident Evil(バイオ)、Silent夜、もといSilent Hill、Tomb Raiderとか。
逆に大ゴケしてるのがDBだとかで。
Transformerが成功してる理由がイマイチわからんのだけど・・・。

きっとね、西側の人だってパワパフが実写化されたら嫌だと思うよ。
リアル指向のない、もともと「記号」としてのアニメキャラをリアルにしようという発想がおそらくないんだろうと思う。
(でもパワパフならおそらくサトエリのキューティハニー的になるんだと思うけどw)

まあとはいっても今回AKIRA(まあ比較的リアル指向ではあるけど)とか、デスノも企画あったねえ、日本のマンガ・アニメを聖林で実写化するわけで。
つかね、上に挙げた成功作品が成功してるのって、多分だけどアメコミが平行世界おkの世界だからだと思うんだ。
何十年も続いてる作品なんか、初期と後期で作者がそもそも設定忘れてるってこともあるし、もーわけわからんから別の世界軸にしちまえってのも多い。
X-MENとかマジわけわからん。

なもんだから「基本のお約束」さえしっかりしてればその「作品の世界観」でどうにかなるわけなんだと思うわけです。
Resident Evilなんかそうでしょ。もはやバイオじゃないっていう。でもバイオとしての世界観はそれなりに残ってる。個人的にはゲームとは平行世界だと思う。

ちょっと違うけど、パトレイバーなんかはメディアミックス展開してて、TVアニメ版とマンガ版とOVA版だと、同じエピソードやっててもキャラクターが違ってたり細部が異なってたりとかして「平行世界化」してるわけだよね。

聖林とかヨーロッパで実写化がうまいこといくのは、多分この2つのせいだと思うの。
- もともと絵がリアル
- "平行世界"の展開に抵抗がない

DBはねー、お約束が機能してなかったんだと思うよー。色んな意味で。DBとして壊したらいけないとこまで壊しちゃった。

関係ないけど原作のIron Manの中の人(Tony Stark)がホントにRobert D. Jrにそっくりでびびりますた。

で、話を日本に戻すと。

もうビジュアル面は無理だろ!
むしろどうしろっていうんだよw
ビジュアル面どうにかしろっていうんなら、邦画界がインターナショナルにならなきゃできないよ!
それができるわけないから聖林が権利買うって言ってんだコンチクショウ。

スラムダンクなんかは日本の俳優だけじゃできないだろうなあ、色んな意味で。
だがアメリカに作らせると日本じゃ見向きもされない高校青春コメディで終わりそうな気がする。
でもりょーちんはきっと日本人になると思う。
ゴリは黒人じゃね? メガネくんは中国系になりそうな気が。
アヤコさんは絶対ラテン系美人になるだろうな。

まあタイトルに偽りがない程度のテイストがあれば、多少設定が変わったり、ストーリーがオリジナルになってもしょうがない。
むしろ原作に忠実にやってくれなくて結構。それで世界観が保たれてくれるのであれば、タイトルに偽り無しと感じるのであれば。

あと、ドラえもんの実写CMのジャンレノみたいなやり方も好きよ。
もっとも、パロにしかならないけどw




→コメントはコチラでもエントリ下でも。

【姉妹サイト】
映画レビュー
豪州(とかサッカー)の話題
ガーデニングとか手作りせっけんの話題
タグ:実写化 映画
posted by Martha姐 at 16:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画・舞台の話。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。