2011年08月31日

嫁に行きました(棒。

先週土曜日に結婚式しましたよ。
South Perth というPerthの対岸地域の川べりを借りて、Marriage Celebrant(前回、Servantとか書いちゃったが間違い)に執り行ってもらったよ。

ちなみにだが。
豪州は基本的に許可さえ下りればどこでも式挙げられます。
大事なのはMarriage Celebrant(式を執り行う人。州ではなく連邦の資格保持者)と最低2人のWitness(18歳以上)。
だからピナクルスとか個人宅で挙式とかもできるよ普通に。
ウルルはさすがに許可下りないと思うけど。

South Perth Foreshore(City of South Perthの管理)は、$650だか680払ったけど、そのうち$500はボンド。要はなんか破損とかしたときのための補償金で、問題がなければ全額戻ってくる。
うえーい、日本で挙式して場所代1万5000円程度で済むかよw

Marriage Celebrantへの報酬が$350。これは完全にパーソナルビジネスなので人によって差がある。
あとCeremonyとは別にreceptionてのがあって、これがいわゆる日本で言う披露宴に当たる。

receptionは相方の昔の仕事のボスが経営してるタバーン。
元Footy選手のミリオネア。
かなり無理を言ってディスカウントしてもらったが、最終的にいくらになったのかはまだ請求がないのでわからんですたい。
でも$5000くらいで済むかな?

他にはドレス代、貸しスーツ代とかかかってるけど、わたしのドレスが全部で$800だ。
ブーケ含む花も$1400程度であったな(花嫁、Bride's maids、Flower girl、トス用のブーケと、ダンナとその付き添い男子たち・こっちの両親のコサージュ、あとreceptionのテーブルに飾る花)
衣装が白だし、花も白じゃつまらんという理由でピンク系の花にしました。可愛いぞー。

わたくし入場の時の曲がこれ↓

相方の希望なのだが、これが終わるくらいまでにポジションに付けとか言われた。
まあ最後の「ア〜〜〜ヴェマリ〜〜ア♪x3」頃でちょうどよかったけど。
母親(普通は父親)が花嫁連れてきて、ダンナと手を繋がせるんだ。

CelebrantのAndrewはさすがに手慣れていて、心強かったしなあ。
指輪入らないときはどうしようかと思ったw
相方の指輪がなんでか小さくて、第2間接で引っかかってそのあとになかなか入らなかったのさ。

式の2日前に打ち合わせをしてて、
「自分の後に続いて誓いの言葉言うのと、"I do"で済ますのとどっちg」「"I do"でお願いします」
めんどくさいもーーん。
指輪のときも、ホントは2文あったのを、練習でりぴーとあふたーみーしてみたら2文目の最初がなんだかよくわからない単語でつまったので、1文だけにしたし。
その辺は色々です。

手順は以下の通り

1.花嫁入場
 このとき、Flower girlを先頭に、その後ろを花嫁と母親(普通は父親)、そのあとにMaid of Honour、Bride's maidsと続く。
 ちなみにMaid of HonourはBride's maidsのひとりで、一番エライ人、みたいなかんじ。若干別格。
 また、この並び順は豪州では昔からのスタイルだけれど(多分英国式を踏襲してる)、現在では必ずしもそうでなくてもいいらしい。他の女の子達がまったくいないケースもある。

2.Marriage Celebrantの紹介
 自分が誰か、というのをここで明かします。自分が今回のCelebrentで、豪州の法律に基づき式を執り行いますと宣言。

3.なんか誓いとか色々しゃべってる
 I do.

4.指輪の交換
 交換て言うか、Celebrentが指輪持ってるのでそれをダンナから花嫁、花嫁からダンナへお互いにしてあげる。
 ここでも、他の誰かが指輪を持っているケースもある。普通はBest Man(ダンナの付き添い男子の中でいちばんエライ人)かな。

5.第1部完ッッ!!!

6.書類にサインをする
 机が置かれているので、そこで花嫁とダンナ、それと2人のwitnessのサインをする。
 うちはwitnessはMaid of HonourとBest Man。この2人がいるケースであればそれが普通。
 ただ、ごく稀にごく少人数の招待客だったとき、全員にさせるケースもあるとか。

これで大体30分弱程度。
あとは式場から少し離れて、お客と話したりする。

それから車(1920年代のじゃぐぁーを借りた)でReceptionまで。
うちらは馬車も2時間契約で借りていたので、じゃぐぁーの待っている駐車場までそれで移動。ホントはReceptionまで馬車で行く予定だったんだけど、道路事情で無理ということになりまして。


こんなとこかな。
Receptionは日本と違って堅苦しくないよ。
まあタバーンだしな・・・。しかもトライネーションでWarabiesとAll Blacksの試合放送してたしw
硬い挨拶も抜きで、客が席までやってきたり、反対にこっちから他の人のところに行ったりしてた。
予定より遅くなったけど、ブーケトスもガータートスもやったし。




→コメントはコチラでもエントリ下でも。

【姉妹サイト】
映画レビュー
豪州(とかサッカー)の話題
ガーデニングとか手作りせっけんの話題
posted by Martha姐 at 16:34| Comment(8) | TrackBack(0) | 社会学的な話。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月13日

進捗。

ようやく式の準備も終わってきて、あとはレセプションの人数確認と支払い、当日のことのみ。
・・・あ、わたしは歯医者とwaxing行かないといけないんだけどな。
ああ、日本帰って歯医者行きてぇ(豪州は高い割に腕もイマイチ。

それよりvisa申請の準備がめんどくさいよー。
わたしはまだいいけど、相方がパスポート持ってないし(大昔に幼児で移民してきたので、個人の昔のパスポートすらない)、パスポートがないってことはvisaがないですよ。
永住権持ってることは間違いないんだけど、その証明がパスポートとvisaしかないわけで。
※これわかりづらいと思うけど、豪州生まれでないので出生証明書がその証明にはならない。その上で、公式に政府から出された、「豪州永住権保持者である」という誰が見ても明らかな証拠を持っていないということ。
まあmedicare(国民健康保険みたいなもん)には入っているので、visa取得のための証明は多分問題ないはず。移民局に記録が残ってるはずだし。
来年LondonとParisとWalesに行こう、と言っているので、どっちみち両方いるんだけどな。

お金が飛んでいきます。ひらひら〜。
車使うことも多いので、足がけっこうかかるです。
今のところ、家でのわたしの経済担当はインターネットとガソリン。
相方は昔の人なのでコンピュータ使わないし。
ていうか今1週間に5時間しか働いてないのにどうしろと言うだ。visaの件がちゃんと決着付くまで、仕事に関しても動きが取れないだよ。
visa取得に必要な書類(健康診断とかpolice clearanceとか)に関する出費は当然わたしが出してるし。

今の家(1bdのユニット)の使い勝手が2人ではよくないと言って、引っ越しも検討してるし。するにしても式のあとだけど。
今日1週間$410の家を見つけてきたのよね。明日見に行くつもり。
つか$410は高いだろ。2人しかいないのに。
3bds、1bt、studyとバルコニー付き。エリア的には、それほど高い地域ではないが治安は良い方。市内からもそんなに遠くない。
相方的には理想の家だそうだけど、高いだろ。※ちなみに今のユニットは水道代電気代ガス代込みで$270。わたしが増えて$20増えた。
わたしが仕事ちゃんと見つけない限りは厳しくないか? と思うんだが。
引っ越すことについては反対ではないんだけどさあ。

キッチンウェアも欲しいしさあ。
計量カップとかボウルみたいな細かしいのは中古でもいいんだけど、フライパンとか包丁はちゃんとしたの欲しいし。
あと米入れとくタッパとか、棚の区分けとか。
食器棚欲しいよ食器棚。
ハーブとかスパイスとかが置いておけないー。


あ、あとエーデルワイスって独逸の国花だったのね。知らなかったわ。



→コメントはコチラでもエントリ下でも。

【姉妹サイト】
映画レビュー
豪州(とかサッカー)の話題
ガーデニングとか手作りせっけんの話題
タグ:豪州 結婚
posted by Martha姐 at 20:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常の話。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月06日

新生活、始まる。(どこの紳士服のCM

作ってもらったシャンペングラス
おかげさまで(?)27日に嫁に行きます(笑)よ。
引っ越してから2週間経ったけど、色々しんどいです。
招待状出さなきゃならんわ、レストランや花屋とミーティングしないといかんわ、ああああああ。
まあ相方が顔の広い人なので、色々融通利かせてもらってますが。

ちなみに上の写真は、わたしが働いてるマーケットの、エッチングガラスのボトルとかワイングラスとか作ってるところに依頼しました。
2本しか依頼してないけどね。
よくここでオイルとかビネガー用のビンを買っているのさ。

相方は、父親がイングリッシュ、母親がウェルシュのハーフで、赤ん坊のときに家族で移民してきて、実は豪州国籍持ってない。
つかパスポートすら持ってない(爆。
豪PR保持の証明がめんどいちくしょう。・・・と、ビザエージェントに言われている。

ビートルズ大好きで部屋中ビートルズなのはどうにかしてくれ。
あとイギリス人の癖にサッカーとクリケットが嫌いで、アメコミが好き。
唯一観戦するのはラグビーだけど、ラグビーはウェールズを応援する。
アメコミは大体広く浅く知ってるけど、特に好きなのはThe League of Extraordinary Gentlemen。日本だと知名度相当低し。
何年か前に映画で「リーグオブレジェンド」ってあったけど、アレね。
あの映画のDVDなんか、普通のDVDとブルーレイと、日本版の初回版とか持ってる。アホかと。
あとCaptain Americaを発端としてThe Avengers、The Ultimates、Thor(マイティ・ソー)とかね。

この前映画のCaptain Americaは一緒に見に行ったよ。
個人的には、前半はまあまあよかったが、後半の展開がありきたりすぎてどーなんだよと思った。
ちなみに原作好きから観ると、かなりいい改変ではあるらしい。
そして相変わらずHugoのおっさんは、ローカル映画だと社会派作品出まくってるくせにアメリカ資本になるとなぜ色物になるのか。
OZってこういう人が多い気がする。
あとTommy Lee Jonesが出てると噴くのは日本人だからだよなw ボスのCMにいまだに出てるってすげー。

それとやはりというかなんというか、King Arthurの話とか好きで、Merlinなんか黙ってても持ってるわ。
S3なんか放送中にわざわざイギリスからDVD取り寄せてたし。アホかと(大事なことなので2度ry
だがClive OwenのKing Arthurはない、らしい。
わたしのドレスがケルティック風味なので、「じゃあ僕はKing Arthurだな!」とか言ってますが、そんなもんはチェインメイルでも着てから言ってくれw

あと、今のネット状況なんだけれど、今現在はwi-fiのワイヤレスAPをプリペイドで使ってます。
でも実家のADSL1より速いとかw タイバニがストレスなく観られるってどういうことなの。
あと電話回線のADSL2を契約してもうアクティベートしてるんだけど、電話回線のプラグが古い型で、変換プラグを使わないとコードがつなげないという状態。
なんで今だにワイヤレス。まあこれでもいいんだけどさ、ちょっとレートがよくなかったりするのですよ。※原則的に豪州にUnlimited接続はない。従量制。


どうでもいいんだけど、お月さまの巡りがカオスなんだけど。
ストレスか?



→コメントはコチラでもエントリ下でも。

【姉妹サイト】
映画レビュー
豪州(とかサッカー)の話題
ガーデニングとか手作りせっけんの話題
posted by Martha姐 at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常の話。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。